内科、眼科、消化器科の黒川醫院トップ名古屋市瑞穂区の黒川醫院への行き方医療に役立つリンク、瑞穂区周辺と一般

経鼻内視鏡は胃カメラの革命である

 当院では、平成18年1月(黒川醫院時代)から経鼻内視鏡を導入しました。使ってみて本当に驚いたのは、口からのカメラに比べ、明らかに患者さんが楽なことです。この驚きは、長年胃カメラを行っている術者か、何度か胃カメラを受けられた患者さんにしか、判りづらいものだと思います。体の中に異物を入れるのですから、つらいのは当たり前ですが、つらさの次元が違うのです。嘔吐反射がない、カメラ中でもしゃべれるので、患者さんの訴えを聞くことができるなど、数々のメリットがいわれますが、一言で言うと、患者の苦痛度の次元が違う。これが感想です。
 平成18年これを導入した時、「間違いなくスクリーニング胃カメラのスタンダードになっていくだろう。」と予想しましたが、10年が経ち、平成28年1月現在、スクリーングの胃カメラ(上部消化管内視鏡)を施行する際、細径内視鏡(経鼻が出来る細い内視鏡、経口も可能)を使わない理由が全くなくなりました。とにかく画像が良くなりました。別のページで当院での内視鏡写真をお見せいたします。⇒TKクリニックでの内視鏡写真

観察のみなら、拡大内視鏡が付いていないタイプの太い内視鏡を使う意味はなくなったとすら考えています。
経鼻内視鏡(経鼻胃カメラ)と通常胃カメラ
 経鼻内視鏡より楽と考えられるカプセル内視鏡は、小腸にはよいけれど、胃では使いものにはならないと考えています。胃は大きすぎるのです。2つのドアがあって、大きな暗い部屋に、小さな懐中電灯一個で、ドアからドアまで通り過ぎるだけでは、工夫しても見えないところが出来ます。しかも、その部屋の壁は、泡や緑の液で一部が覆われているのです。さらにカプセルカメラには、それが腸の中にとどまってしまう危険があります(停留)。もし、改良が加わって、胃の中がちゃんと観察できるようになっても、コストがかかりすぎます。カプセルは使い捨てだからです。リサイクルは出来ません。便の中から探してきて、それを再び口から入れることは、たとえキチンと消毒しても、気分的にできないからです。カプセル内視鏡は、観察の面だけでも、どう工夫しても、胃カメラを越えられないと考えています。さらに、胃カメラは観察だけでなく組織を採取できるし、胃液も採取でき、血も止められるのです。

 最終的には、組織も採取が出来、空気も入れることが出来、吸引も洗浄も可能な、より細いカメラを、楽に胃に入れれるのであれば、それが一番よいのです。細径でも、経口では経鼻ほどのつらさの軽減はありません。咽頭の反射は、口から入れるとどうしても起こってしまいます。しかし、たとえ経口でも、太いカメラより、細径内視鏡の方が遥かに患者さんは楽のように思います。そのうち細径内視鏡に拡大機能がつき、観察や検査のみの内視鏡は全て細径となる可能性すらあります。

 では、経口胃カメラはなくなっていくでしょうか?
 
 いえいえ、口からのカメラも残っていきます。経口内視鏡は太いが故に、鉗子が通る穴も太く、処置に関しては経鼻内視鏡には取って変わらないと考えています。拡大機能のついた経鼻内視鏡もまだ販売されていません。しかし、通常の胃カメラがバリウム検査の多くの仕事を奪ったように、確実に経口胃カメラの担っていた多くの役割が、さらに経鼻胃カメラに移行していくと考えています。また、通常の経口胃カメラからは奪われなかったバリウム検査の役割の多くが、経鼻胃カメラに移行しています。なぜなら、胃カメラの欠点であったつらさ、これが大幅に減少しているからです。検診にバリウムの胃透視を希望される多くの人は、カメラがつらいものだから、とりあえずバリウムと考える人も多いのではないでしょうか?

 市民検診で、無料、あるいは、安価で、胃の検査をうけることが出来る、というメリット以外に関しては、スクリーニング検査としての、胃がんを発見するためのバリウム胃透視検査のメリットは、すでになくなったのではないかと考えています。平成28年度中に、名古屋市でも内視鏡検診が始まろうとしています。厚生労働省の「がん検診のあり方に関する検討会」でも胃カメラが推奨されるようになってきました。

 しかし、まだ、バリウム検査がなくなる訳でもありません。バリウム検査の残ったメリット、すなわち俯瞰図のように遠くから全体を見渡して、病変の位置や範囲を確認する、というメリットは内視鏡検査が取って変われないものです。それゆえ、胃の手術には今でも透視があった方が良いと考えられています。内視鏡で診断が難しい病気の診断がつくこともあります。アカラシアの診断をした時、バリウムはなくしてはいけない検査と改めて思いました。

 経口胃カメラ、経鼻胃カメラ、バリウムを用いた胃透視はそれぞれ、特徴があり、短所と長所があります。当院ですべて施行可能です。その人の病気の特徴にあわせて検査を受けていただくことが出来ます。

 経鼻内視鏡は経口の高詳細型の内視鏡に比べ、拡大内視鏡検査が出来ないというデメリットと、鉗子口の小ささ故の処置におけるデメリット以外には、観察において遜色がなくなりました。

 ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)の登場で、消化器内視鏡による治療に革命が起こりました。経鼻内視鏡は観察の革命です。これは内視鏡検査を受ける際に一番のハードルだった「胃カメラはつらいもの」という思いを、きっと取り去ってくれるでしょう。関連ページ  TKクリニックでの胃カメラ

 当院は富士フィルム株式会社の内視鏡を使用しています。経鼻内視鏡についてもっと詳しく知りたい方はは富士フィルムのホームページまでどうぞ。
TKクリニック
当院は特に名古屋市瑞穂区、昭和区、天白区、南区、千種区、中区、熱田区、緑区、中村区、中川区の方々に交通便利なクリニックです。
 Copyright(C)2003-2006 Kurokawa-iin. All Rights Reserved