内科、眼科、消化器科の黒川醫院トップ名古屋市瑞穂区の黒川醫院への行き方医療に役立つリンク、 瑞穂区周辺と一般

肝機能障害といわれた方に。肝臓を守るために。

GOT(AST)やGPT(ALT)の値が高いとき、一般的に肝機能障害と言われることが多いようです。でも、これってどういう意味?
肝臓

GOT(AST)やGPT(ALT)のもともとの機能は、細胞の中でアミノ酸の代謝に使われる酵素です。血液検査では逸脱酵素といわれます。何から逸脱するかというと、細胞から血液のなかに逸脱するのです。つまりこの酵素が高いというのは、本来肝臓の細胞中にある酵素が、血中に多く混じった状態を指します。つまり細胞という風船が壊れて、中の酵素が流れ出し、血液の中に混じって酵素の量が普段より多くなるのです。

血液の中の酵素はいつか分解されなくなりますから、ずっと、この血清の酵素の量が多いというのは、新しい酵素が常に血液中に供給されている状態、すなわち、常にほかの健康な人に比べて、多くの細胞が壊れている状態と考えられます。肝臓に一番特異的な物質はGPTです。

 肝細胞は、普通のときでも少しは壊れるので、血清のGPTが0になることはありません。これを測定したものが基準値です。基準値は健康な人の95%がその範囲に入る値です。

 血清のGPTが基準値の5倍ということは、ある一定の時間内で、壊れる肝細胞の数が普通の(健康な)状態の5倍ということです。

 細胞分裂できる回数は種や臓器によって決まっています。無限に細胞分裂ができるわけではありません。何枚かのつづりの回数券を買って、最初はいくらでも使えるような気になっても、そのうち回数券もなくなってきます。細胞分裂とは生まれたときに持たされた回数券なのです。基本的に買い足しはできません。

 肝臓が壊れると元に戻すために細胞分裂が盛んに行われます。細胞分裂の回数が増えると、細胞分裂のスピードが遅くなってきます。回数券の枚数が減ってくると、大事に使おうとするのとよく似ています。

 これが、毒物を解毒したり、蛋白を作ったりする、本来の肝臓の機能を、ゆっくりですが、確実に低下させていきます。

 B型肝炎やC型肝炎などのウイルス、脂肪肝、薬剤性(ほとんどの薬剤は副作用の欄に肝機能障害と書いてあります。書いていない薬を探す方が難しいくらいです。)、アルコール、自己免疫性、胆道の炎症や閉塞など、肝障害の原因は実にさまざまです。

 原因によって将来の見通しが違ってきます。ですから、肝機能障害の原因の見極めがとても大切になってきます。

 たとえば、γーGTPが高くても、その人がアルコール飲みで、その他の胆道系の酵素の上昇がない場合、肝障害ではないかもしれません。γーGTPもやはり逸脱酵素で、細胞が壊れることにより血液中に増えますが、アルコールで細胞内に誘導される酵素でもあります。つまり、アルコールを飲むことにより、細胞内のγーGTPの濃度が上がり、同じ数だけ細胞が壊れても、血液の濃度が上昇することがあります。一方で、初期にはγーGTPだけが上昇した胆管がんを経験したこともあります。肝障害の見極めは、画像診断、血液検査など、総合的判断が大切です。

 肝機能障害といわれたら、症状がなくても、医療機関を受診し、腹部超音波検査や、さらに詳しい血液検査を受けて、原因をきちんと追究しましょう。
                                      

 文責 黒川醫院 加藤徹哉

黒川醫院トップへ黒川醫院への行き方いろいろな医療の話免責事項サイトマップ
当院は特に名古屋市瑞穂区、昭和区、天白区、南区、千種区、中区、熱田区、緑区、中村区、中川区の方々に交通便利なクリニックです。
 Copyright(C)2003-2006 Kurokawa-iin. All Rights Reserved