内科 消化器内科のTKクリニック(旧黒川醫院)医療に役立つリンク集

大腸がん検診が陽性になったら読むページ。

便潜血反応による大腸がん検診結果の考えかた

 今、このページを読んでいる貴方は、大腸がん検診で陽性になって、非常に不安になっているかもしれません。ひょとしたら、パニックに陥っているかもしれません。あるいは、自信満々で検診を受けたのに、「こんなのうそだ」と怒っているかもしれません。また、ご家族や友人の結果をみて、その方を心配されているかもしれません。

 まあまあ、冷静に下の図表を見てください。便潜血が陽性でも、95%以上は大腸がんはないのです。しかも、受けた人の約6-7%も陽性が出る、精度の低い検査です。大腸 画像 名古屋瑞穂区TKクリニック
 便潜血反応は、抗原、抗体反応を利用したスクリーニング法で別名ヒトヘモグロビン法といいます。ヒトとあるように人間の血が便に混じっているかどうかを調べます。ですから、肛門からの出血や痔などでも陽性になります。逆に、胃や十二指腸の少量の出血は、消化され人間の血液の抗原性が失われますので反応しません。こういった機序から、消化液などの影響の少ない大腸の出血の有無を測定する事を利用し、大腸がんのスクリーニング検査として使われます。多くの大腸がんは出血しやすく、便などの刺激で少量の血を流し続け、その血は胃液や膵液で消化を受けず、人間の血の抗原性を保っているからです。少量なので、目には見えません。だから、便に潜む血を測る検査なので、便潜血反応なのです。

 それ故、この検査で、大腸に病変があるか、ないかは、確実にはわかりません。実際、出血しない様な大腸がんも存在しますし、がんがあっても、直腸がんや盲腸のがんの場合、病変が便の通り道にない場合、陰性になることもあります。逆に、先述したように、肛門の傷や腸のちょっとした炎症でも陽性になります。

 検診の目的はふるいわけです。確率の高いグループと低いグループにわけるのです※。

 検診は無症状のうちに発見するのが目的であり、陽性といわれた人の中にさえ、がんでない人のほうが圧倒的に多いのです。これは、胃がんや肺がんの検診でも同じです。

 しかし、便潜血反応陽性の人は、陰性の人に比べれば、癌の確率が10倍も高いのです。また、ポリープなどの前癌病変の頻度も高いといわれています(陰性の人は詳しい検査しませんから、癌のように後から症状が出る病気以外、陰性の中にどれだけの頻度で病変があるかはわからないのです)。

 大腸がん
は、癌の中でも比較的悪性度の低い癌ですから、癌が存在するのなら、転移をする前に、できるだけ早く治療することが大事です。大腸がんは、進行がんですら、リンパ節転移や肝転移がなければ、8-9割の確率で治るがんです。

 検診は無症状のうちに発見するのが目的であり、無症状ならば、助かる可能性も高いのです。

 大腸がんは肺がん、胃がん、肝がんについで癌の死亡の第四位にランクされる癌です。女性では一番死亡の多い癌(意外かもしれませんが、乳ガンや子宮ガンではないのです。)になりました。平成15年度では大腸がんで全国で約3万八千人の患者さんがなくなりました。癌の悪性度がさほど高くないのにこれほど死亡が多いのは、進行してから発見される大腸がんがいかに多いかということです。無症状なのに検査などしたくないものです。しかし、一般的に無症状くらいでなければ、癌から命は救えないのです。

 右は便潜血反応陽性で、当院で大腸内視鏡(大腸ファイバー)を行って、発見された直腸がんです。症状はありませんでした。手術の結果、浸潤が筋層を超進行した直腸がん 名古屋瑞穂区TKクリニックえる進行がんでしたが、リンパ節転移はありませんでしたので、stageIIということになります。直腸ですから5年後に生き残る確率は80%ということになります。この確率をどのように考えるでしょか?もっと小さながんだったら、さらに、生き延びる可能性は高くなります。粘膜癌であれば95%以上の人が助かるのです。この症例も何年も前から便潜血は指摘されていました。

 大腸がん検診陰性(便潜血反応陰性)の人にも癌はあります。陽性というのは、詳しい検査をするためのいいきっかけだと思ってください。便潜血陽性であれば、大腸がんの詳細な検査(大腸内視鏡やバリウムを用いた大腸透視)などはすべて保険適用になります。便潜血を用いた大腸がん検診は非常に安価で、通常の10倍もの確率の高い群を選択できるのですが、それから見落とされる大腸がんが1/3程度(進行がんの見落としは1/5から1/10程度、早期がんは約1/2)あります。また大腸がん検診で陽性に出ても95%以上の人にがんはありません。ただし、陰性の方の10倍以上の大腸がんの確率があるのも事実です。精度が低く、陽性に出た方の多くに心理的な圧迫感をもたらし、陰性だから安心できるという検査でもありませんが、費用対効果、人的な労力等の医療資源から考えると、これに変わる検診方法は今のところはないと考えています。
 大腸がんは、一生のうちに、20人に一人はかかる病気です。特別なことと考えずに、大腸がん検診で陽性に出たら、気楽に大腸内視鏡などの精密検査をうけましょう。
                                                    TKクリニック 加藤徹哉
※便潜血陽性者を2次検査に回すことによって効率的に大腸がんが発見できる。効率を考えなければ、全員に一番詳しい検査である大腸内視鏡を行うのがもっともよいが、物理的に不可能といわれている。

     関連ページTKクリニックの大腸内視鏡検査   大腸ポリープと大腸がん

便潜血反応によるふるいわけと確率のシェーマ

便潜血検査(免疫法)の詳しい意味
参考文献 EBMからみた大腸がん検診(金原出版 2000 )など。

TKクリニックトップへ TKクリニックへの行き方 いろいろな医療の話
当院は特に名古屋市瑞穂区、昭和区、天白区、南区、千種区、中区、熱田区、緑区、中村区、中川区の方々に交通便利なクリニックです。