内科、眼科、消化器科のTKクリニックトップ名古屋市瑞穂区のTKクリニックへの行き方医療に役立つリンク、瑞穂区周辺と一般

大腸ポリープの大きさと大腸がんの頻度

 大腸ポリープという名称は、病気の名前ではなく、大腸粘膜の限局性の隆起をすべて指します。すなわち大腸(結腸と直腸を合わせ大腸といいます)の管の中にポコっと盛り上がっている病変はすべて大腸ポリープと診断されます。その中には大腸がんなどの腫瘍性の病変や、大腸ポリープ切除、TKクリニック粘膜がただ反応性に隆起した病変も含まれます。しかし、一般的に問題になるのは腫瘍性ポリープの中の大腸がんと腺腫です。がんは勿論、治療の対象となりますが、腺腫性のポリープも、しばしば治療が必要と考えられます。がん(グループ5)というのは、転移をしたり、周りの臓器を直接壊したりするので、悪性腫瘍と言われますが、腺腫ではそのようなことはなく、良性腫瘍(グループ3)と言われます。しかし、良性という言葉からうけるイメージと、実際とでは、少しニュアンスが異なります。つまり、がんを犯罪者にたとえるなら、腺腫は犯罪予備群で、何もしないかもしれませんが、放置しておくと、がんになって悪い事をすることもあるという存在です。 大腸がんの多くが、この腺腫から発生すると言われており、この腺腫性の大腸ポリープが大きくなればなるほど、がんが混じる頻度が高くなってきます。腺腫の中に癌が混じった状態を腺腫内がんと言います。腺腫は遺伝子のレベルでの変化が既に起こり、元の正常粘膜に戻ることができないと考えられていますので、悪さをする前に取ってしまった方が良いと考えられています。表はわたし(加藤)が愛知県がんセンターにいたときにまとめた1990年から2002年までの大腸ポリープ切除(ポリペクトミーまたはEMR)された大腸ポリープの大きさとがんの頻度です。 5mm未満のものではがんの頻度はわずかで、大きくなるにつれ、がんの割合が増えていきます。全国的にもほぼ同様の結果がでています。5mm未満の小さなものでもがんは存在しますが、5mm未満の大腸のポリープ1137病変のなかでがんの成分のあったものは9例で、転移の可能性のある浸潤がんは、わずかに2病変だけです。 こういったことから5mm未満の大腸ポリープは、ポリープ治療に伴う合併症の問題と、手間やコストの面から、経過観察することが一般的です。 5mm未満の大腸ポリープでも、がんの頻度は0ではありませんので、本人の不安などを考えれば、小さな大腸ポリープでも取るべきとの意見もあります。たしかに、たった1つの4mmの大腸ポリープを毎年経過観察に来院される患者もおられますので、このような場合は、焼いて取ってしまったほうが、精神的にも患者さんのためになると思います。その後は2−3年に一度の大腸ファイバー(大腸内視鏡)で経過観察は問題ないと思います。一方、大きなポリープは元々ないか、あるいは取ってしまったけれど、小さなポリ−プが多発している人がいます。このような人は、遺伝的なのか小さいころからの環境なのかわかりませんが、既に大腸粘膜が、大腸ポリープのできやすい環境になっていますから、毎年検査を受けなければいけませんし、見える範囲で全部の大腸ポリープを治療しても、また、すぐに新しい大腸ポリープが発生しますので、下の表のような統計を根拠にして、5mm未満の大腸ポリープは経過観察とし、5mm以上の大腸ポリープのみを処置(治療)するのがよいのではないかと考えています。 
                                          
                            文責 TKクリニック 消化器科 加藤 徹哉

大腸ポリープ(結腸ポリープと直腸ポリープ)における大腸がん(直腸がんと結腸がん)の頻度
     
         
 大腸ポリープの長径mm ポリープ数(癌+腺腫) 大腸癌の症例  大腸癌の比率 浸潤(シンジュン)大腸癌(sm癌)
下限(≧) 上限(<) (のべポリープ数) (癌の症例数) %  (浸潤癌例数)
0〜2.5 181 1 0.55 0
2.5〜5 1056 8 0.76 2
5〜7.5 1717 58 3.38 12
7.5〜10 787 74 9.40 19
10〜12.5 817 121 14.81 35
12.5〜15 183 42 22.95 14
15〜17.5 248 68 27.419 20
17.5〜20 82 20 24.39 10
20〜22.5 118 29 24.58 11
22.5〜25 21 7 33.33 1
25〜27.5 32 7 21.88 2
27.5〜30 5 2 40 1
   30m以上〜  34 12 35.29 2
    合計 5289 病変 合計 449病変  平均    8.49%  合計 131病変

大腸ポリープ治療の方法 ポリペクトミーとEMR

7mmの大腸ポリープ、切除前 約7mmの大腸ポリープです。大腸ポリープ切除後 治療後です。

TKクリニックでは大腸ポリープの治療が可能です。→ 大腸ポリペクトミーの説明と同意書 TKクリニックでの大腸内視鏡検査

大腸ポリープに合併するがんは多くが粘膜がんです。粘膜がんは95%以上の確率で治ってしまいます。大腸ポリープは早めの治療が肝腎です。厚生労働省は大腸がん検診の2次健診では大腸内視鏡を薦めています。大腸内視鏡を行ってポリープを発見し、切除しましょう。
TKクリニックトップへ TKクリニックへの行き方いろいろな医療の話
当院は特に名古屋市 瑞穂区、昭和区、天白区、南区、千種区、中区、熱田区、緑区、中村区、中川区の方々に交通便利なクリニックです。